ワイマックス2+が遅いときの対策とは

  1. WiMAX2+プロバイダ比較Home
  2. ワイマックス2+って何?始める前の基礎知識
  3. ワイマックス2+が遅いときの対策とは

ワイマックス2+が遅いときの対策とは

ワイマックス2+の回線速度が遅くなるのはなぜ?

ワイマックス2+の回線速度が遅くなるのはなぜ?

「せっかく高速通信がウリのワイマックス2+にしたのに、なんかすごく遅いんだけど」なんて不満を持っている人はいませんか?

これはルーターの故障の場合もありますが、もっと考えられるのは電波の問題です。電波ってざっくり言われてもよくわかんないよ、という人は、現代にどれだけ電波を発する端末があるか考えてみてください。

少なくともいたるところにあるWi-Fiスポット、パソコンの無線LAN、無線接続の代表格Bluetooth。これだけでも世の中は目に見えない電波でがんじがらめになっているわけですよ。

そこで、基礎的なものからちょっとした工夫まで、ワイマックス2+の本来の高速通信速度を活かせるように利用者ができる対策を集めてみました。

少しでも回線速度を上げるにはどうしたらいい?

少しでも回線速度を上げるにはどうしたらいい?

まず大切なのは、なるべく電波状況が良い場所で通信を行うということ。電波は目に見えないのでイメージしにくいですが、電波というのは分厚い壁や何重にもされた窓だと遮断されやすくなってしまいます。よく地下だと電波が届かないことがあるのと同じです。

なので、屋外ならば周囲を高い建物などに囲まれていない場所、屋内ならばできるだけ屋外に近い場所を選んでみましょう。

また、利用者が多い時間帯にはインターネットの利用が集中するため回線が重くなりがちです。こうした場合には利用する時間帯をずらす、などの工夫をすると速度が上がることがあります。

一般的にインターネットの接続が増えるのは土日などの休日や夜間なので、そういった日、時間を外して使用できるのであれば試してみてください。時間が取れるようであれば平日の昼間などがおすすめです。

意外な盲点?電波干渉が起こっているかも!

意外な盲点?電波干渉が起こっているかも!

ここでひとつ注意が必要なのは、なんとなく速度が出そうだからと他のWiFi機器やWiFiスポットの近くへ行ってしまうこと。これはかえって逆効果になります。電波は互いに干渉してしまい、これが速度低下につながることもあるので、できるだけ離れて使用した方が良いんです。

ワイマックス2+は2.5GHzの周波数帯を使用していて、これは無線LANやWi-Fi、Bluetoothなどと相性が良くありません。今は家の中でも外でも電波が溢れかえっていますから、全部を避けるなんて到底無理な話です。

でもなるべく意識して近くにない場所を選んだり、Bluetooth搭載のスマホを持っていれば置き場所を変えたりすることで、少しでも速度改善につながることがあります。

ただし家の中でワイマックス2+を使用している場合、最も大きな盲点になりがちなのは電子レンジなどの家電です。よくBluetoothも干渉してしまい、音楽を流しているとブツブツ切れてイライラしたりすることがあります。これも電子レンジの場所を変えると案外直ったりするもんなんですよね。

これらは周波数帯の干渉が原因なので、知識があれば周波数のチャンネルを自分で変更したり、最初から干渉対策のできるルーターを購入するのも有効な対策になります。

ページのトップへ

イチオシ

お勧め!
実質年間費用最安値!!

GMO とくとくBB ワイマックス2+

とくとくBB
ニオシ

既に会員なら月額で200円安い

so-net ワイマックス2+

BIGLOBE ワイマックス2+
サンオシ

大手の信頼と安心感

BIGLOBE ワイマックス2+

BIGLOBE ワイマックス2+