格安スマホとワイマックス2+で毎月の携帯料金を節約!

  1. WiMAX2+プロバイダ比較Home
  2. ワイマックス2+って何?始める前の基礎知識
  3. 格安スマホとWiMAX2+で毎月の携帯料金を節約!

格安スマホとワイマックス2+で毎月の携帯料金を節約!

スマホの利用料に悩む人は増えている

スマホの利用料に悩む人は増えている

スマホの普及の速さはすごかったですね。今ではもうガラケーよりスマホの方が普及率は高いらしいですよ。スマホは様々なアプリ、音楽、動画などが手軽に使えますし、とても便利ですよね。家でもパソコンを使わず、インターネットはスマホだけでやるという人が増えているのもわかる気がします。

ただ、スマホ利用者の多くが不満に感じているのが料金の高さ。ガラケーのときはこんなんじゃなかった、なんて声はあちこちで聞かれます。でも最近、スマホ料金を安くする方法がどんどん出てきているんです。

そのひとつがCMでもよく見るようになった「格安スマホ」。なんとなく聞いたことはあるけど安くなる仕組みはわからない、やっぱり大手じゃないと信用できない、なんて考えている人はいませんか?

実はそれ、すごくもったいないことかもしれません。今10,000円近くかかっているスマホ料金、ワイマックス2+と併用すれば月7GBの制約を気にせず5,000~6,000円以下まで減らせることもあるんですよ。

格安スマホで携帯料金を抑えよう

格安スマホで携帯料金を抑えよう

「格安スマホ」というのは、大手3キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)以外の会社の「SIMカード」を利用したスマートフォンのこと。月々の利用料金は2,000円程度と、かなり出費を抑えることができます。

ここで知っておいていただきたいのが、格安SIMカードを提供する会社の存在です。「MVNO(仮想移動体通信事業者)」という言葉を聞いたことはありませんか?

MVNOというのは携帯電話回線をドコモなどからレンタルし、独自のサービスでユーザーに提供する会社のことです。代表的なのはIIJ、日本通信、NTTコミュニケーションズ、フュージョン・コミュニケーションズなど。MVNOから提供されるSIMカードはキャリアメールが使えなかったり、通信速度が遅くなるといったデメリットが発生しますが、このデメリットは気にしなくていい場合がほとんどです。このことについては下で詳しく説明します。

格安スマホが安くなる大きな理由は、MVNOの会社が回線をレンタルしている点にあります。レンタルであって自社で運営しているわけではないのでコストが低く、ユーザーにも安価で提供できるというわけなんですね。大手のガッチリしたプランに比べるとMVNOはかなり柔軟で、ユーザーの使い方に合わせた最適な料金プランを見つけやすい、というメリットもあります。

ワイマックス2+と併用することで欠点をカバー

ワイマックス2+と併用することで欠点をカバー

しかし、いくら格安スマホの仕組みがわかっても「毎月結構ハードにネット使うから格安スマホじゃ物足りなくなりそう」って人は多いかもしれません。僕もさすがに格安スマホの1GBとかのプランだと、安くても使う気にはなれません。それに大手より通信速度も下がってしまうことがありますしね。

そこで僕がおすすめしたいのは、ワイマックス2+の併用です。

格安スマホで通信速度が遅くなるといっても、ワイマックス2+を併用すれば回線速度の遅さを気にする必要はありませんし、自宅でも外出先でも変わらず高速通信を利用できます。格安スマホだけでは足りない部分をワイマックス2+で補って今のスマホ料金を下げ、しかも通信制限を気にしなくていいとは、まさに一石二鳥です。

ページのトップへ

イチオシ

お勧め!
実質年間費用最安値!!

GMO とくとくBB ワイマックス2+

とくとくBB
ニオシ

既に会員なら月額で200円安い

so-net ワイマックス2+

BIGLOBE ワイマックス2+
サンオシ

大手の信頼と安心感

BIGLOBE ワイマックス2+

BIGLOBE ワイマックス2+