ワイマックス2+各プロバイダ評判・料金・キャンペーンの徹底比較であなたに合ったプランが簡単に見付かる!

  1. WiMAX2+プロバイダ比較Home
  2. 何を基準にする?あなたに合ったプランの選び方

何を基準にする?あなたに合ったプランの選び方

従来のワイマックスの場合、料金プランは「定額」「2段階定額」「1日利用」が選択出来ました。ヘビーユーザーは「定額」、2段階定額プランも下限基本使用料が500円、めいっぱい使っても上限は5,000円くらいだったかな?なので料金については「自分がどれくらい利用するのか」予め判っていないと勘定が難しいような部分はありましたが逆に通信制限を気にする必要は皆無でした。

ワイマックス2+の場合この料金の部分は一律化され、月間通信量に制限が無い「ギガ放題」と、月間7GBの制限がある「フラットツープラス」の二択となりました。いずれのプランでも、従来のワイマックスに接続する「ノーリミットモード」と、ワイマックス及びワイマックス2+に接続する「ハイスピードモード」を使い分けることが出来、速度で劣るノーリミットには文字通り通信量の制限がありません。

速度制限でプランを選ぶなら

「月で7GB制限」の目安ですが、具体的にはハイスピードモードで1日PCなら1時間以上、スマホなら8時間以上の動画を再生するくらいの通信料になります。これを聞いて「いやいやいや使い過ぎでしょ!」と感じる方はフラットツープラスでも充分かも知れませんし、「意外と厳しいな~」と感じる方はギガ放題しか有り得ません。フラットツープラスで万が一7GB越えてしまったら月末まで通信速度128kbps=ネットほぼ繋がらないですからね。ちなみにLTEもしょっちゅう低速モード食らっていた僕は当たり前に「ギガ放題」ですが、それでもハイスピードモードで繋ぎまくれば3日で3GBには到達します。ヘビーユーザーは「ギガ放題」で場合によりノーリミットかハイスピードか「モードを使い分ける」必要があるでしょう。これで不便ないです。

料金でプランを選ぶなら

「フラットツープラス」と「ギガ放題」両プランの料金の違いですが、各プロバイダにより600円~700円くらいギガ放題の方が高くなっています。ただ、最初の3ヶ月~25ヶ月はフラットツープラスと同額なんて場合もありますので要チェック。

またこれらの料金は2年契約の場合で、開始月を1ヶ月目、25ヶ月目が「契約満了月」となり、その月に解約すれば契約解除料がかかりません。解約しなかった場合は自動更新され、また2年縛りとなります。プロバイダによってはこの「2年縛り」のないプランも選ぶことが出来ますが、月額料金が1,000円以上高くなったりするので個人的にはあまりお勧め出来ないです。ただ、端から2年で解約するつもりで新規契約をされてた方が25ヶ月目にウッカリ解約手続きを忘れてしまうと26ヶ月目にはまた解約金が発生しますからね!それだけはホント気を付けてね。

オプションを選ぶなら

都会のビルジャングルの中でどうしてもワイマックス2+が繋がらないという緊急事態に、代わりにau 4G LTEを拾ってくれる「ハイスピードプラスエリアモード」を設定することが出来る「LTEオプション」という追加機能も存在しています。

これは「使った月のみ」料金が発生するように組まれていることが多く、回数に関わらず1,000円前後であることが多いようですね。

auスマホとセットでお得に

auスマホユーザーはワイマックス2+とセットで更に料金が安くなる「auスマートバリューmine」というプランを利用すれば、月額料金が934円最大で2年間も割引適用となるので、金額にして最大22,000円程節約出来ます。

各プロバイダで所定のプランを契約した後にKDDIに申請すればその月から有効となるようです。

ページのトップへ

イチオシ

お勧め!
実質年間費用最安値!!

GMO とくとくBB ワイマックス2+

とくとくBB
ニオシ

既に会員なら月額で200円安い

so-net ワイマックス2+

BIGLOBE ワイマックス2+
サンオシ

大手の信頼と安心感

BIGLOBE ワイマックス2+

BIGLOBE ワイマックス2+